ボリビア・ペルー旅行記①

12月28日~1月9日の予定でボリビアとペルーに行ってきました。

普通この両国を旅する場合、高山病防止のためペルーから入ることが多いけど
(ボリビアの方が標高が高いため、標高の低いペルーから移動したほうが高山病のリスクが低い)
どうしても、1月1日にウユニにいたかったため、私はボリビアから入りました。

なんで1月1日にこだわっていたのかというと、2014年1月1日は新月だから。
新月だと、満点の星空の鏡張りがきれいに見えてまるで宇宙にいるみたいになる。
ちょうど1年前ぐらいに、2014年1月1日が新月だと知って、絶対今年の年末年始は
ウユニに行こうと決めていた。

28日に出発して、伊丹→成田→ボストン→マイアミ→ラパス
29日の朝にラパスに到着。
ラパスは空港で標高4000メートル、町で3650メートルぐらい。
いきなりこんな高地にはいったので、今夜のバスのチケットを取ってから、
とりあえず適当な宿で仮眠。
2時間ぐらいのつもりが、4時間ぐらい寝てて、ラパス観光はほとんどできないまま
ウユニ行きの夜行バスに乗った。

ちなみに、トドツーリズムというお高めのバスが快適でいいらしいと聞いたけど
オフィスがあいてなくて、安いバスで行くことに。(100ボリぐらい)

悪路とは聞いていたけど、なんかのアトラクションに乗っているみたいに
ぴょんぴょん体が浮く。
まぁ、私は寝れるからいいんだけど、私の隣がちょうどトイレで
振動でちょいちょいドアがあくので、トイレのドアを閉める係みたいになってた。

出発から12~13時間ぐらいでウユニに到着!

わーい、やっと念願のウユニだ!!
[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2014-01-13 15:42 | ボリビア

ロシア&フィンランド旅行記①

朝、9:30のフライトで北京。それから、トランジットでモスクワ。
ケチってCA(中国国際航空)にしたので、もちろん遅れた。

そして、機材もしょぼいので、長時間フライトなのにプライベートモニターないから暇だなぁと思っていたら、そういえば、私は乗り物に乗ると睡魔が襲ってくる病気なので、問題ない。そしてマミーは、めったに乗らない飛行機で、雲を上から眺めるだけで満足していたようで、よかった。

いつもは、ビザも自分で取るし、宿は到着してから探すしって感じだけど、マミーと一緒ということで、ロシアはビザ、宿、空港からの送迎、移動の電車を代理店とおして予約していたので、モスクワに到着して、そのままホテルへ。

チェックインしようとしたところ、むむむ・・。横はいりとかなんやかんやで妙に時間がかかる。謎に時間がかかる。

翌朝、近くのお土産やさんっぽい所に行くも、敷地内は9:00から入れるけど店自体は10:00にオープンというわけの分からない感じ。しかたなく、土産物屋はあきらめて観光へ。
まずはクレムリン。

すっごーい並んでいる。長蛇の列。しかも全然進まない。なんなんだろーと思って見に行ったら、チケット窓口は全部で6つぐらいあるのに、その列はどうやら1番窓口にならんでいる様子。他の窓口はもみくちゃ。当然1番窓口にも横は入りしてくる人がいるので、そりゃ進まんはずだ。並んでいるのは外国人だけっぽい。ここは、律儀に並んでいる場合じゃないので、私も横入りしてチケットGET!

ロシアの移動はもっぱら地下鉄。その地下鉄の駅がとっても豪華。そして、すごい深いところにあって、エスカレーターもめっちゃ長い。一応ロシアでは地下鉄で写真を撮ってはいけないことになっているけど、最近は旅行者がスナップ写真をとるぐらいなら特にとやかく言われないと、地球の歩き方に書いてたので、普通に写真を撮っていた。
たしかに、ホームを撮ってるときは何も言われなかったのに、エスカレーターを取った瞬間、おばちゃんにめっちゃ怒られた!ホームはよくてエスカレーターは駄目なのね。基準が分からない・・・。

赤の広場や、大聖堂を見終わって、まだ時間があったので、雀が丘というモスクワの街を一望できるというところにいってみた。

私もマミーもすでに歩き疲れていたので、山を登る気力はなく、リフトに乗る気まんまんだったんだけど、なぜかリフトの入り口が入れなくなっている。
時間的に、まだいけるはずなのに、なぜ?

地元民っぽい人も、続々来ては諦めて帰っていく。どうやら、やってない??

ロシアに1泊して、感じたこと。
中国っぽい。(しかも昔の)
何待ち?ってことが多かったり、謎に怒られたり、よく分からないけどうまく進まなかったり。

でも、見所は多くて一日では見切れなかった!
c0087494_15235659.jpg
c0087494_15235759.jpg
c0087494_15235828.jpg

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-09-01 19:55 | ロシア

ロシア&フィンランド旅行記⑦

c0087494_18435247.jpg
c0087494_1843545.jpg
c0087494_18435480.jpg
北京でのトランジット時間が9時間以上あったので、空港で朝ごはんを食べてから北京市内に繰り出しました。

北京は6年ぶりで、驚きがいっぱい。

まず、6年前は空港と市内をつなぐ電車なんてなかったような。
バスかタクシーだった気がする。

今回、行きは地下鉄を使ったんですが、その昔、ICOCA的なICカードの普及は日本より早かったけど、普通の切符って、券売機じゃなくて人から買って、しかもぺら紙なんだけど、それをホームの入り口のところで、おばさんがもぎってたんだよねぇ。
ちなみに、広州とか他の地域ではICのコインだったりしたんだけど、なんで首都なのにこんなアナログなんだろうと思っていた。

今じゃあすっかりICカードですよ。ただ、唯一の難点は中国のお金ってボロボロのが多いから、券売機になかなかお札が入らない。

そして、その昔北京の地下鉄といえば、降りる人優先ってゆー概念がなくて、降りる人、乗る人がぐっちゃーってなってたのに、降りる人優先になってるし、そもそも並んでるし。びっくり。正直ロシアのほうが中国っぽかったなぁ。

天安門と故宮だけってのもあると思うけど、道も意外ときれいだったしね。
そして、故宮の出口のところに絶対いたぼったくりタクシーの客引きも皆無。というか、故宮周辺では、タクシー拾えなくなっていて、警察もとりしまってるし、むしろタクシー乗りたかったから、捕まえれる場所まで出るのに結構時間かかって、不便だったんですが。。。
長城までどうだってゆー観光タクシーチャーターも、柵の向こうからしか声掛けてはいけないことになっているのか、昔のように、うっとうしい客引きと喧嘩するなんてことは全くなく、それはそれでちょっぴり寂しかったり。

故宮周辺の流行ってないけど、高いラーメン屋で、お昼を食べて久々の北京、短時間だったけど堪能できた!

北京→関空はCAだったので、謎の遅延&ロストバゲッジとゆう最高に中国っぽい洗礼を浴びましたが、帰国時だから、荷物郵送頼んだと思えばまぁいっか。母は同日中に岡山まで帰る予定が、翌日になってしまったけれど。

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-09-01 18:38 | 北京

ロシア&フィンランド旅行記⑥

c0087494_1838165.jpg
c0087494_18381886.jpg
ヘルシンキ最終日は、朝からどしゃぶり。
土砂降り中、ウスペンスキー大聖堂へ。
ロシアにもウスペンスキー大聖堂ってあったなぁ。ということでウィキ情報で、ウスペンスキーはロシア語で「眠りの」を意味する形容詞で、特に生神女マリヤの就寝(永眠)を意味する。そうです。漢字名は生神女就寝大聖堂。

ここは、ヘルシンキ大聖堂にもマーケット広場にも近いけど、16:00までしかやってないので、なんやかんやで最終日まで来れなかった。

その後、お昼ご飯を食べにとあるカフェへ。ザリガニという英語が分からなくて、「like a robusta」
って言ったら海老でてきた。しかも、ちっこい海老。

午後から、これまたかもめ食堂にでてきたカフェウルスラに行こうと思ったけど、土砂降りだし、寒いし、道分からないしで断念して、早々に空港へ。

フィンランドでは、露天で売ってるかわいい物みたいなのを見つけられず、お土産物屋さんは高いし、ニットと折り畳み傘しか買ってなかった。でもやっぱ来たからにはなんかほしいなと思って、苦し紛れにマリメッコのお盆とピルケースを購入。
そんなこんなで、ロシア・フィンランドの旅終了。

ちなみに、ヘルシンキ→北京はCAでなくフィンエアーでした。かなりあっとゆーまに着いた。フィンランドって意外に近かったのね。まぁ、北京に着いたんだけど。



[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-09-01 18:32 | フィンランド

ロシア&フィンランド旅行記⑤

c0087494_18312255.jpg
c0087494_18312387.jpg
c0087494_18312456.jpg
それにしても、さすが北欧だけあって、部屋の中は暖かい構造になっているのね。暖房をつけているわけじゃないのに、室内は暖かくて、外にでて、うわっ寒!っとなる。

この日も寒いなか、かもめ食堂で朝食。街の中心からは離れているのですが、すっかり観光地らしく、店内は日本人でいっぱい。

その後、岩の教会へ。雨降ってきてさらに寒!実は、日本から雨具を持ってくるのを忘れ、マトリョーシカ傘はなくしたら嫌だから、持ってきてなくて、ずぶ濡れ。

耐えきれず、セーターと折り畳み傘を購入。

そして、かもめ食堂にも出てきたアカデミア書店&カフェアアルトやマリメッコ、イッタラなどのショップに行ったり、エスプラナーディ通りをぷらぷら散歩したりして、最後はあえてのインドカレー屋でしめ。

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-09-01 18:26 | フィンランド

ロシア&フィンランド旅行記④

c0087494_1823353.jpg
c0087494_18233796.jpg
c0087494_18233982.jpg
フィンランド2日目は母と別行動で、私はエストニアのタリンに行ってきましたー。

この日は朝から雨で、さっそくロシアで買ったマトリョーシカ傘を活用。ヘルシンキからタリンまではフェリーで2時間ほど。しかも、そのフェリーがかなりでかくて、ラウンジみたいになっている。

タリンに着いてからは、雨は降ったり止んだりの繰り返し。要所要所は晴れたのでまぁよしとしよう。

タリンはの旧市街は世界遺産に登録されていて、時が止まったかのような中世の街並み。

ふとっちょマルガリータとか
のっぽのヘルマン(塔)とかネーミングが絵本ちっくでかわいい(笑)
ちなみにその昔、デブの国のっぽの国という児童文学が好きでした。

のっぽのヘルマンがあるトーンペア城は改修中で入れず、アレクサンドル・ネフスキー教会も外見改修中でした。この教会だけ、ロシアな感じなんですが、やはりロシアから独立後はロシア支配の象徴として破壊の計画もあったそう。

実は、エストニアは日帰りなのでガイドブックは買ってなくて、歩き方の北欧にちょこっとのってるしょぼい情報だけだったんですが、後日ネットで調べたら城壁登れたんだー。しらなんだー。

さて、4時半のフェリーでヘルシンキに戻るよていだったので、いそいそとフェリーターミナルへ。とりあえず、1番目立ってるターミナルにいったら、どっかしらで繋がってるだろうとという考えが甘かった。繋がってない上に、すぐ横なのになんかすっごい遠回りな行き方しかない!

やばいと思って、ダッシュ!ぜーはー言いながらダッシュ!4時18分に乗り場に着。セーフかと思いきや、もう閉まったから、チケット変更して次のに乗りなさいと係員に言われる。あと10分あるやないかーと抗議するも虚しく出発20分前にゲート閉めるから、もう無理だよとのこと。

この肌寒いタリンで汗だくになって走ったのに…。

次のフェリーは7時半発。この旅よく乗り遅れるなぁ。今まで海外であんまり乗り遅れたことないのに。とか思ったけど、考えてみれば、あんまり事前に手配せず、その場で買ってるから乗れてるたけで、事前に手配するとこうなるのね。

10時ぐらいに家に戻り、昨日買ったインスタントラーメン食べて寝ました。

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-09-01 18:17

ロシア&フィンランド旅行記③

c0087494_18242410.jpg
c0087494_18242540.jpg
c0087494_18243149.jpg
6:40発の国際列車「アレグロ」に乗って、ヘルシンキへ移動。
早朝移動なので、あえて駅から近いホテルをとったんだもんねー。余裕ぶっこいて、20分前に到着。

あれ?電光掲示板にでてない。おかしいなぁ。45分発のあれかなぁ?
その辺の人に聞いてみる。「なんとかなんとかヴァグザール」と言っている。ロシア語分からないけど、ヴァグザールだけ分かる。列車の駅のこと。
これってもしかして、この駅じゃなくて別の駅ってこと??ガビーン!念のため窓口の人に聞いてみたら、やっぱりそうらしい。

そうか。そうだよね。ロシアの列車の駅は目的地の名前が着くんだよね。
私が今いる駅はモスクワ駅だから、モスクワ方面の列車しかこないんだね。間違えた~!!

ということで、出待ちしている絶対高いであろうタクシーに乗り込んで、フィンランド駅へ!時刻は既に8時35分ぐらい。無理っぽいけど、ほら、外国ってよく列車遅れるじゃないですか?もしかしたら、30分遅れで運行ってゆー可能性もあるし、わずかな望みをかけ、8時43分ぐらいに、フィンランド駅到着。そしてダッシュ!
しかし、時既に遅し。時間通りに出発したよう・・・。ちーん。

11時20分ぐらい発のチケットを買って、4時間ほど、駅で待って、ようやくヘルシンキに出発!

そして、3時間後に到着。宿に荷物を置いて、さっそく観光です。

まずマーケット広場の屋台で、3時ぐらいに遅いランチ。フィンランド(北欧)といえばのサーモンスープとよーわからんピラフを食べた。サーモンスープは売り切れの店が多く、やはりみんなサーモンスープ好きなんだなぁ。美味しかったけど、屋台といえども結構な値段ですね。さすが北欧。

その後、世界遺産のスオメンリンナの要塞に行って、ヘルシンキ大聖堂へ。入り口にちらしが貼ってあって、どうやら本日ここで、20時からパイプオルガンのコンサートがあるらしい。

ということで、大聖堂が見えるカフェで休憩。

ちらしに、5ユーロってかいてたから、払おうとしたら、聞くだけなら無料でプログラム(ぺら紙)が5ユーロらしい。

近所で無料で気軽にコンサートに行けるってなんかよいね。寝たけど。

母曰く、前衛的なパイプオルガンだったらしいです。


さて、今回の宿はアパートメントホテルなので、洗濯機あるーと思って、溜めていた洗濯物を洗濯。

しかし、説明書フィンランド語で使い方わからず、どーにか洗ったものの、脱水ができない!!

うーん。せめて、英語の説明書をおいて欲しかったね。

母が手絞りしました。

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-09-01 17:46 | フィンランド

ロシア&フィンランド旅行記②

モスクワ―サンクトペテルブルク間は、寝台列車『赤い矢号』で移動。4人コンパートメントで、同室は、私たち親子、ロシア人女性、アジア人中年男性だった。

私は、アジア人男性は多分日本人だと思ってたんだけど、まぁ、おじさんだし、日本人だと確定する要素がなかったので、話しかけられたら答えるぐらいでいいかかと思って、特に話しかけたりはせず、おじさんは女性3人の部屋になってしまい、居づらそうにしていた。

そして居づらいから、さっさと寝ようと思ったらしく、2階のベッドに上がろうとして、ハンガーかけに手をかけて上ろうとして(確かに、手をかけるにはちょうどいい位置にあったんだけど)そのハンガー掛けがぼきっと折れて、こけた!そして、そのハンガー掛けをしれっと布団の下に隠した!(私は後ろ向いていて、こけた音は聞こえたけど、ハンガー掛け折った件はマミーしか見ていなかった)

マミーは中国人か韓国人かと思っていたみたいで、「おっさんが、ハンガーかけるやつ折りよった。しかも、隠した!」と私に報告してきて、一応小声だけど、シーンとした車内では普通に聞こえてたと思う・・・。

何事もなかったように、おっさんは布団の上に寝始めたんだけど、2階ベッドの上には1階ベッド用のシーツや枕も置いてあったのに、そのおっさんはそれに気づかず、その上に横になっていた。その後、下のロシア人女性が、係員に布団がないといっていて(ロシア語分からないけど、状況的に判断)、係員が「下の人のシーツは上にあるのよ。あ、すでにアジア人のおっさんがその上に寝てるはね。」「えー、汚いから替えてよ」
「分かったわ。持ってくるから待ってて。」
というようなやり取りをしていて、ますますおっさんは気まずくなる一方。

結局、おっさんとは一言もしゃべることなく、サンクトペテルブルクに到着。

サンクトペテルブルクでは、まず世界4大美術館のひとつエルミタージュ美術館へ。ここもすっごい並んでた。正直、私は美術品に関してはまったく分からないのですが、ここはもともと宮殿だったので、宮殿の見学という感じ。すごく大きいので、3時間近く費やして、すでに一つめでヘロヘロ。

ロシア料理の中でも有名な、ビーフストロガノフはここ、サンクトペテルブルクのストロガノフ家で食べられていたので、この名前になったそう。そして、そのストロガノフ家も今は美術館として使われています。もちろん、ビーフストロガノフを食べて、いざストロガノフ宮殿へ。

チケットの代金が、2枚で450ルーブルという中途半端な金額で何でだろーと思って見てみると、一枚は300ルーブルで、もう一枚は学割料金の150ルーブルになっている!!そういえば、買うとき、なんか聞かれたのだけど、聞き返しても何言ってるかよく分からなかったので、適当にYesと言ったけど、思い返してみると「Student?」って聞かれた気がする。学生証の提示とか全く求められなかったけど・・。まぁラッキー!

そして、いざ、入ろうとしたら、お母さんが係りの人に何か言われている。
なんか数字のやり取りをしていて、「何だったの?」って聞いたら、私が18歳以上かの確認をされて、言葉の壁により、18歳未満だと思われて止められたらしい。
外国では確かに若くみれれるけど、18歳はないだろ。しかも、美術館でなんで年齢制限あるの?マミーの聞き間違いじゃない?なんて思いつつ、中を見てたら、なんと展示されているのは、ヌード写真ばっかり!!

え!なぜ??あわてて、係りの人に、コレが見たいんだけどーって言ったら、こっちだよって教えてくれた。どうやら、この宮殿の一区画で、特別展?みたいなのをやってたらしく、間違って、そっちに入ってしまったよう。だから、年齢制限あったのね。

そんなこんなで、ストロガノフ宮殿を見終わって、血の上の救世主教会へ。モスクワの聖ワシリイ聖堂のような形で、こっちはブルーが基調になっている。これも、メルヘンでかわいい!!

やはり、ロシア正教会の玉ねぎ坊主は可愛いね〜♡
c0087494_23434462.jpg
c0087494_23434531.jpg
c0087494_23434791.jpg

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-08-30 23:29 | ロシア

エジプト・イスラエル⑤ ようやくピラミッド

エジプトに戻ってからは、
カイロだけなら長いけど、他の場所に行くには時間が足りないという
微妙な感じになってしまい、結局カイロでゆっくりしてました。

最初、モガンマアとバスのせいで入れなかったシタデルにリベンジ!
ここには、トルコ風モスクのガーミア・ムハンマド・アリがあります。

そして、エジプト名物鳩料理を食べたよ。
(エジプト人は、何で日本には鳩がいっぱい飛んでるのに食べないんだろうって思ってるらしい。)

エジプト版屋形船のファルーカでナイル川クルーズしたり。

エジプトの夜景が一望できる山に行ったり。

コプト博物館に行ったり。

そして、やっぱりエジプトといえばピラミッド!

あっついなか、らくだでピラミッドをめぐりました。
ピラミッドって早朝から並ばないと、チケット取れなくて
まるで戦争って聞いてたので、観光客ばっかりのイメージだったけど
意外とすいてた。
私が行った日は一般的にはGW最終日ってこともあってか、日本人なんて皆無で、外国人自体が少なかった。
地元かアラブっぽい人がほとんどだった。革命の影響で観光客減ってるのかな?

ピラミッドはやっぱり大きくて、神秘的で、すごかったけど
個人的にはぺトラのほうが感動が大きかったなぁ。
旅の終盤で疲れてて、感受性が乏しくなってたのかもしれないけど。

今回は無計画すぎたので次回からはもう少し計画を立てようかなと思った旅でした。

今までもさして計画立ててなかったけど、どーにかなってたんだけどねぇ。
私は貧乏な短期旅行者なので、時間とお金をうまく使わないと!

ガーミア・ムハンマド・アリ
c0087494_1932466.jpg


ピラミッド
c0087494_19243060.jpg

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-07-06 19:32 | エジプト

エジプト・イスラエル④ エイラットと2度目の国境越え

私の中では
早朝エルサレムからバスに乗って国境越え、
そして、ダハブまで行き、ダハブで聖カトリーナツアーに飛び入り参加。
ご来光をみて、ちょっとだけダハブの海で遊んで、カイロに戻ろうと思っていた。

しかーし!
バスが満席で午後からの便しかない!
まじかい!この日は金曜日で、安息日だからボーダーも16時に閉まるんだよ。
国境越えれない!!

タクシーで行こうかとも思ったけど
500ドルといわれ、たとえ半額になっても高いからやめた。
聖地めぐりの夢破れたり。

突如時間ができたので
また旧市街をうろうろしたり
庶民の市場をうろうろしたりして時間をつぶした。

エイラットでは一泊するしかなくなったので
宿(多分最後の1ベッドでした。セーフ)確保。

バスの中で知り合った、二人組みの日本人女子とご飯を食べて
二人は、エイラットからカトリーナにいくんだって。
いいなー。

翌日は、朝からエイラットのビーチで
リゾートごっこ。
今、結構太ってるので水着ショットはお見せできないけど
たまの海もいいもんですね。

その後、午後に国境越えて、またまたターバーに戻ってきました。
時差のことを忘れていて、バスの時間まで結構時間があったので
現地の散髪屋でお茶をご馳走になったり。

そして、もちろんダハブ経由。
あー、カトリーナ行きたかったなぁと思いながら
まずい夕食をとり、夜行バスでカイロへ。

ニュースでもたまにやってるけど、シナイ半島は治安悪化してるようで
突如、バスを降りろといわれ、
預け荷物を出されて、自分の荷物の前に立てって言われ
乗客みんな一列に並ばされた。

まさか、バスジャック!?と思ったら
ドーベルマンみたいないかつい犬がでてきて
どうやら麻薬検査だったらしい。

カイロには多分朝の5時ぐらいに着いたのかな?
早すぎるのも困るんだよねと思いつつも
物価の安いエジプトに戻ってきたので、シングルルームでゆっくり就寝。


紅海

c0087494_1982647.jpg

[PR]

# by sweetnsourbeijing | 2013-07-06 19:09 | パレスチナ(イスラエル)