タイ・ラオス旅行 9

朝の行事も一段落し、朝ごはんのフランスパンサンドウィッチ。
ラオスも、ヴェトナムと同じくフランス領だったので、フランスパンうましです。
(写真がまずそうだったので、載せませんが)

朝からいろいろ用事がある一日です。
まず、昨日は、少しお高めのお宿(750円ほど)だったのですが
より安い宿(500円ほど)に引越します。





新しいお宿の近く。
c0087494_1953912.jpg

坊や~、良い子やねんねしな~♪。と聞こえてきそうな川。
でも、この橋渡るのに金取るらしい。ちぇっ。

その他、なんやかんやしていると、もう昼ですけどー。

Aさんはルアンパバーンには2日までいるということで
ゆっくり過ごすみたいですが、私には時間がないので
いそいそと博物館へ!

そしたら、ちょうど昼休みだった。。。

しゃーない。散歩するか。

メインストリートはがやついているけど
一本道を入ったら、のんびり田舎町。
c0087494_20143315.jpg


なぜか、旅に来ると洗濯物とりたくなりませんかー??
なんでだろ。生活感が現れているからかな?
c0087494_2015402.jpg


うろうろしてたら、疲れたので、小さいお寺で一休み。

ここに来て分かりましたが、お坊さんって暇らしい。
ケータイいじったり、音楽聞いたり、昼寝したり。

で、ほげーっとしてたら、十代後半か20歳ぐらいの暇そうな坊さんに話しかけられた。
何を話したかあまり覚えていないけれど、
とりあえず、気になっていたことを聞いてみた。

「たくさんの人が、あなた達の写真を撮ることに対してどう思いますか?」

私も托鉢を見に来た観光客の一人ですが、
薄暗い中フラッシュたいて撮影するのはさすがにどうかと思うし、
古くから続いている伝統で、きっと地元の人は本当に感謝の思いで
喜捨していると思うので、そういうものが観光になってしまっていることに対して
実際のお坊さんはどう考えているのか、興味があったので。

答えは、「ノープロブレム」

意外と、かるーい。

まぁ、この人一人の考えなので、いらっときてるお坊さんもいるかと思いますが。

なんやかんやで、立ち去るタイミングが難しく1時間ぐらい話してしまった。

でも、そうだ!私には時間がない。博物館に行かなければ!

c0087494_2030794.jpg

中は、撮影禁止だったので写真はとれませんでした。

中に入って、ほげほげしていると
説明係みたいな人が、ついてきていろいろ説明してくれたけど
全部英語だったので、あまり意味分からず。

この博物館の壁の一部もワット・シェントーンの壁のような絵が書いてあったので
聞いてみると、なんか昔話的な?伝説的な?らしい。

あと、立つ位置を変えると、目や足が動いたように見えるという絵を見せてもらったとき、
その人が、私を何回か動かしたのですが、2.3回ぐらい乳触られたような?
わざとだか、貧乳すぎて乳だと気づかなかったのかどっちか分からなかったので、
とりあえず、何も言いませんでしたが。

さー、博物館も見たし、一回宿に帰ってAさんと共に山登り。
c0087494_20451634.jpg


えっさ、ほいさ。えっさ、ほいさ。
ほいさ、えっさ。ほいさ、えっさ。

疲れた。

息切れしながら、やってきた場所は

c0087494_20464091.jpg


プーシー!!

しょうじき、これは遠くから見るほうがいいです。
間近でみると、しょぼ。。。

ここには、すでに人がいっぱいだったんですが
このプーシーの仏塔なんて誰もみとりません。

なぜなら、ここはルアンパバーンが一望できる場所。
c0087494_20494779.jpg


そして、みんなここで何を待っているかというと

夕日


まだ日の入りまで時間があったので、辛抱強く待っていると
気づけば、やたらと日本人多い!!しかも、中高年!
どうやら、ツアーで来ているらしいのですが、その中の一人が
どうでもいい話を延々としてくる。。。

なんか、旅好きの中高年ってこういう興味ない話をやたらしてくる人多いんだよねー。
なんなんだろー。

そして、この日は雲が多く山に沈んでいく太陽を拝むことはできませんでした。
c0087494_20543122.jpg


山を下りていると
c0087494_205547.jpg

なんだろ。これ?木の神様?


夕日も見たし、やっぱり夜はナイトマーケットでしょう!!
いつの間にか、メインストリートには赤い屋根で埋め尽くされている。
c0087494_2057128.jpg

c0087494_20572040.jpg


欲しいものいっぱいだったけど、貧乏&荷物を増やしたかったので
Tシャツだけ買ったよ。

夜ご飯は、この近くの屋台。盛り放題8000KIP(80円)。やす。
c0087494_20584370.jpg


写真でも分かっていただけると思いますが、値段相応の味でした。。。

ってゆーか、お気づきでしょうか?8000KIPが80円ぐらいって、
キープ(ラオスの通貨単位)でかすぎやしませんかい?

旅は英語なんてできなくても、行き先と数字が分かればOK!って思うんだけど
こんだけ、大きくなると数字も分からないんですけど。。。
「フォーハンドレッドサウザンドキープって言われても、何円だかよくわからないし、
おつりちょろまかされてても、絶対気づかない!

ってな、ラオスです。
[PR]

by sweetnsourbeijing | 2010-01-12 21:13 |