開平2


風邪が長引いて、今日も朝から寝てすごしました。
もしかして、風邪じゃないのかしらなんて思いつつ。

開平の続きでも。


歩きつかれたから、さっさと寝たのですが
夜中、登記をするといってたたき起こされた。

中国の『旅館』といわれる安宿は、確かに安いんだけど
なんか夜うるさいんだよなー。
以前も、コールガールかなんかの夜の商売っぽい人
ばかりの宿に泊まったことあるし。そういうものなのかしら。

さて、二日目はバスでまたまた義祠バスターミナルに行き、
帰りのチケットを購入。実は前日、チケットを買った時、払い戻した時も
おなじ係員だったので、「昨日、払い戻したのにまた来たの」とかなりいぶかしげな様子。

さーてさて。本日は、ドラマや映画の撮影でよく使われるという赤坎というところに行ってきました。
広州のバスは、北京のよりさらに運転が荒い気がする。
現地の人は慣れてるのだろうと思っていたけれど、この赤坎行きのバスで
二人もゲロってる人がいた。一人は、バスを止めて外で吐いていたけれど
もう一人は、豪快に社内でゲロゲーロ。しかも、結構な量。
せめて窓の外に吐いてくださいよー。なんて思いながら、赤坎到着。

c0087494_22103453.jpg


確かに、中国ドラマに出てきそうなかんじ。
c0087494_22111596.jpg


実際、現在も王家衛の映画をここで撮影しているということで
この建物は立ち入り禁止でした。くそー。
c0087494_2214184.jpg



ここから、少し行ったところの集落は普通に人々が暮らしていて
とても活気のあるところでした。

洋風の建物に、中国って感じの生活感のギャップがよいかんじ。

ふらついていると、なにやらひときわ賑やかなお店が。
c0087494_22174967.jpg


どうやら、ごはんやさんのよう。
朝ごはんにしては遅いし、昼ごはんにしては早い微妙な時間にもかかわらず
すごい行列だったので、自分も並んでみることに。

並ぶこと、なんと1時間!日本ですら、食べ物にこんなに並んだことないのに
なんか意地になってしまった。
そして、でてきたのは、一杯5元の麺。
c0087494_2220095.jpg


おいしかったけど。おいしかったけどさー、

1時間も並んだおかげで、もういっこ行きたかった場所に行くには時間がきびしくなった!
バスの時間に間に合うか間に合わないかのギリのラインだったし、昨日の大誤算もあったので
今回は、諦めることに。

食に走った自分に後悔した。


開平は、世界遺産の割りにのんびりとした良い町でした。
もうすこし、ゆっくりしたかったな。

でも、思い返せば私の風邪、この旅が一番の原因だったかな。。。
次の日あたりからのどが痛くなり始めたし。

さすがに、出張中の休日に遊びつかれて風邪引いたとか、責任感なさ過ぎなので
会社の人には絶対言えないけどー。てへへ。
[PR]

by sweetnsourbeijing | 2010-04-03 22:38 |