人気ブログランキング |

インド&ネパール旅行記⑨ ポカラ1日目

起床。
うん。ましになっている。

シャワーを浴びていざ出発。
さすが10ドルのホテルだけあって、
お湯がでる!

その辺で朝ごはんを食べて
ポカラの町を散歩。
あと、自分の宿がどの辺にあるのかよく分からなかったので位置確認。
どうやら、レイクサイドの南の方らしい。

てくてく歩いていると、ボート乗り場に到着。渡し船に乗って、湖に浮かバラヒ寺院に行ってみた。
c0087494_1915729.jpg


帰り。
ボートに乗ろうとしたら、君はこっち、と
1人違うボートにのさせられた。

まさか、ぼったくるつもりか!

ボート漕ぎの、幼少期のマイケルジャクソンみたいな人が、寺の周りを一周するという。

これは、ぼったくられる!

そして、対岸の山の上に見てる日本寺にタダで連れて行ってくれるという。

胡散臭い。
お断りして、ボート乗り場に戻ってもらった。

幸いぼったくられなかった。

その後また、ぷーらぷらして
バイタクで、デヴィズ・フォールとグプテシュワール・マハーデヴ洞窟(鍾乳洞好きなもんで)を観光。

喉が乾いたので売店に寄ると、
レッドブルを発見!一応のんどくか。

あれ?
なんか、元気になってきた。
日本でも、たまレッドブル飲むけど、
こんなに効果を実感したのは初めてだわ!

で、歩き方をみていると、朝、胡散臭いマイケルジャクソンが言っていた日本寺はヒマラヤ絶景スポットだということが判明。

元気になったし、いくっきゃない!

ボート乗り場で普通にお金を払ったら、なんと往復600ネパールルピーもした。マイケルの話にのっていればタダだったのに。

ボートで対岸に渡り、山をてくてく登る。途中、もひとつ向こうの山にある家に帰るおじいちゃんに道を教えてもらいつつ登る。
うっすーら、見えるかしら?ヒマラヤ。
c0087494_1915684.jpg


山をくだって、またボートで戻ると、マイケルのボートと、すれちがった。そしたら、他の客を乗せているのにもかかわらず、「俺のボートにのりなよ!」と言ってきた。

もちろんお断りして、レイクサイドで黄昏ていると、またマイケルがやってきて、「俺のボートにただで乗せてあげるよ。」と話しかけてきた。どうやら、ナンパしたいらしい。

やー、ガンがーもそうだけど、黄昏れれない。
ほんと、外人は空気読まないよね。
私は1人で黄昏たいのに。

マイケルかなりうざかったが、ちゃっかり夜ご飯だけおごってもらい、帰宅。

おごってもらっといてなんだけど、明日もこの人に会ったら、うざそうなんでレイクサイドには近寄れないなぁ。

by sweetnsourbeijing | 2012-05-17 08:39 | ネパール