<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヨルダン旅行記⑥アンマン

そして、気づけばヨルダンも終わっていなかった。すっごい書いた記憶があるのに、投稿せず下書き保存もしていなかったのかしら?

このままトルコは行けないので、超簡単に書きますと、最終日はアンマン市内を観光。

ローマ劇場や、シタデルなどを見た。

シタデルの道を間違って道なき道を歩いていると、子供たちにセクハラされ、
インドに引き続きまたか!!

小学校高学年ぐらいは、鬼門ですな。子供だと思って油断するなかれ。

お昼は歩き方に載ってた鳥肉屋で食べた。
一階に座ろうとしたら、二階だよと促された。どうやら、一階は男のみ。二階は女子及び女子同伴の男子らしい。


空港に入る時に、荷物チェックがあり何故かひっかかった。バックバックを台に載せないといけなかったんだけど、おみやげでかなり重くなっており、めっちゃ重いアピールをしたのに手伝ってくれない。ちっ。
あげく、にもつを調べられ、これはなんだ!!と係員が手にもっていたのは、死海のバスソルト…

えー!自国の名産品じゃないですか!パッケージにバスソルトって書いてるし!

とかゆートラブル(とゆーほどでもないが)に巻き込まれつつの、
カタールから関空まではまさかのオーバーブッキングによる、ビジネスクラスへアップグレード!ひゃっほいーい!

初のビジネス。
エコノミーだとCAと話すのは、ご飯どっちにするかとか、着陸だから窓開けてみたいなことしかないのに、いろいろと気遣ってくれて、めっちゃ話しかけてくるー。

でも、英語が分からないから、え?なに?これただ?しか言えない自分。

とゆーかんじで、ヨルダン旅行は終り。
[PR]

by sweetnsourbeijing | 2012-12-26 12:15 | ヨルダン

インド&ネパール旅行記④アーグラ2日目

今更ですが、何故かインドの④が下書きのままアップされてなかったので、アップします。手元に写真データないんで、写真なしですが。

インドに来てから初のゆっくりした朝を迎えます。

ゆっくりしすぎて、ブレックファーストセットを逃してしまった。トリートという店は25Rsの安い朝ごはんがあるらしいんだけどねー。しかたなく、レモンシュガーパンケーキをいただいたけど、うまい!!

腹ごしらえして、ファテープル・スィークリーへ!バスで一時間。何円だったかな~、なんか中途半端な金額だったよね確か。27だか37だか。このバスでも席ゆずってもらったなー。しかも、イケメンに譲ってもらったなー。

で、このファテープルはムガル帝国のアクバルが遷都した都なんですが、たった14年の命だったそう。旅をしていると、昔世界史で習ったことがけっこうでてくるよね。

あの時は、ただテストのために覚えてただけで今となっては名前は覚えてるけどなにした人?って感じ。高校生の時に、いろいろ旅できたら、すごい覚えれて且つ忘れないんじゃなかろうか。

まず、モスク地区に入ります。モスク地区は無料なんで、物売りがすごい!思い起こせば、今まで行った所は物売りとかいなかったんだか、きっと厳しく規制されているんだろうなぁ。

子供の物売りがしつこくて、じっくり見られない。しかも、靴脱がなきゃいけないんだけど、うっかり草履できてしまったので素足。この炎天下の中、石の床の上を裸足って!火傷するわ!

友人におんぶしてもらったりして見学してました。(インド人もストローングって言ってたよ。力持ちの友達に感謝)

でもねー、この物売りの子供がねーたち悪いのよね。売り物を差し出しつつ、乳触ってくんのね。最初は子供だし、当たってるだけかなっと思ったけど、度が過ぎる!確信犯だあいつ。

宮殿地区は有料なので物売りはいなくなった。ここの建築はイスラム統治時代のものなのに、ヒンドゥーや仏教の建築様式が使われていて、確かに寺院っぽい!


広い宮殿地区を回っていると‥
やっちまった!帽子がない!木陰で休んだ時に、帽子を取って手に持っていたら何時の間にか、消えていた!インドのためにわざわざ買ったのに!

私、よくやるんだ。手に持つと何時の間にか落としてしまう。

町歩き用のバッグ、もっと大きいの買おう。今のは小さくて、あんまり入らなくて、仕方なく手に持っちゃうんだけど、いかんいかん。

実はこのあと、サングラスと日傘もなくします。日を遮るものをすべて失った私は、これも神(シヴァ神)の思し召しだと思い、日焼けしほうだいなのでした。シミが‥

宮殿地区も見終わって、帰ろうとするとまたたちの悪いガキどもが!
何故か、使い終わったチケットをよこせといってくる。そして言いながらケツを触ってくる!

チケットくれたら去るとか言ってるけど、わたしもムキになって絶対あげない!と抵抗していると、ずっとついてきてケツを触ってくる。子供だと思って、大目に見てやってたけど、そろそろ堪忍袋の緒が切れますよ。

『ついてくんな、われー』と一喝して、やっと逃れられた。まぁ、われーが英語でなんていうのか分からなかったから言ってないけどね。

宿の周辺に戻り、アクセサリー商人アリさんの店でダラダラしつつ、この人は無理やり買わせようとしなくて、商売上手な方だったのだけど、私は気に入ったデザインがなく、かわず。友達は、アーグラストーンだかなんだかいうのを買っていた。

そして、夜。
そうそう、この日私の誕生日!
タージマハルを見ながらバースデーディナー。グイメイにおごってもらった。わーい☆
特別な誕生日になりました。

そして、夜行列車。

旅では時間節約のため夜行を多用します。
特に列車は寝れるからいいね。ほんと、揺れが揺りかご効果でよく眠れる。
[PR]

by sweetnsourbeijing | 2012-12-26 12:12 | インド